ホームページ制作のよくある失敗例

HOME» ホームページ制作のよくある失敗例 »失敗例その(5)作って終わりのホームページ制作会社

ホームページ制作のよくある失敗例

失敗例その(5)作って終わりのホームページ制作会社


失敗例その(5)作って終わりのホームページ制作会社


 

皆様は、「意味のないホームページって」どんなホームページを連想されますでしょうか?

私達の考える「意味のないホームページ」とは、ただ綺麗なデザインで完成した自己満ホームページのことです。

つまり、全く問い合わせ・資料請求のないホームページのことだと考えております。

タイトルにも書きましたが、「作って終わりのホームページ制作会社」

お客様はそもそも何のために?ホームページを作るのでしょうか?費用を支払ってまで、、

「売上を上げたい」「利益を上げたい」「問い合わせを増やしたい」…

多くの方が上記のような思いがあるからホームページに高い費用を払ってまで作られるのではないでしょうか?

いわゆる「作って終わりのホームページ制作会社」さんに上記のようなことが実現できるでしょうか?

実現できるとすれば、そもそもそのご依頼会社様やその商品自体がそもそも有名であること、
もしくはたまたまということではないのかと考えております。

なぜなら、このホームページの業界、年々競争が激化しております。
専門のコンサル会社を入れたり、弊社のようなWEBマーケティング専門の会社を入れられる会社様が増えているからです。専門のコンサル会社や弊社のような会社は、「ホームページは作ってからが勝負」と考えております。

なぜなら、ホームページ制作にて一番大切なのは運用だということをわかっているからです。

もちろん、検索で上位に表示できなければ商売になりません。

フェイスブックやブログもただやみくもに更新しても効果が出てきません。

とにかく、運用が一番大事になります。

 

リニューアル案件にて、よくこんな質問を頂きます。

「2年間、○○制作会社さんでお世話になってきたんだけどサポートが一切ないんだ」

「効果もあまりない、どうしたら良いと思いますか?」

このようなご質問をよくいただきます。

しかし、これは当然と言えば当然なんです。その制作会社さんが悪いわけでもありません。

基本的にホームページ制作会社さんのお仕事は「作って終わり」その工賃料で食べておられますから、サポートがないのもごく普通のことなんです。

でも、本気で集客のできるホームページにしてきたいのであればそういったノウハウをもっている業者さんに変えられたほうが賢明だとお話しさせて頂きます。

理由は簡単です。

資料請求や問い合わせのない、いわゆる集客のできないホームページをもっていても意味がないからです。

ホームページは売上を上げるためのツールです。

365日、会社のこと、商品のこと、ずっと宣伝し続けてくれる営業マンです。

365日、24時間、営業してもらってどれほどの利益を会社やお店にもたらしてくれたのか?

それが今のホームページでよいか?違う業者に変えるべきか?の大きな判断基準ではないでしょうか?

是非、「意味のあるホームページ」を、そして「運用」が一番大切だということをお伝えしたいと思います。

 

<人気記事>
 

  どうしてホームページをCMS化にした方が良いのか?     売上UPに効果的なホームページ制作とは何ですか?     どうすればホームページのアクセス数は上がるのでしょうか?
               
               



これまで「ウン」とも「スン」とも言わなかったホームページから、資料請求や問い合わせが発生する集客型のホームページに変えたい…。問い合わせはあるけど、もっと多くの仕事をホームページから獲得できる仕組みを作りたい…。予約数・成約数を上げていきたい…。など、ただ綺麗なホームページ制作では意味がない時代に「集客も営業もできる」また「更新管理や数字の分析」も行えるホームページをご提供させていただきます。気軽にご相談くださいませ。

 

   
http://www.free-section.com/smart/s_image/18598676564.jpg  
   

 

 

2015/05/26